ヘルペスは寝不足や疲れがたまっている時などに現れるものです。ヘルペスは口の周りなどに現れるありふれた病気です。このヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染したことにより発症するもので、その症状は体力が低下している時などに現れやすくなります。または、ヘルペスが性器に現れることがあります。その外陰ヘルペスは性感染症の一つとして、困る人がたくさんいます。外陰ヘルペスについてのうわさもいっぱいあります。たとえば、外陰ヘルペスになったら、一生治さないという怖い話もあります。確かに、外陰ヘルペスを治療しても、再発率は80%に達します。

外陰ヘルペスは男女によって症状が違います。男性の場合は亀頭や陰茎、大腿部、臀部、直腸粘膜や肛門の周りで、痛みやかゆみ、赤い発疹、水ぶくれ、発熱することがあります。そして、女性の場合は外陰部や膣入り口付近の場合が多く、ほかに臀部や子宮頚部にも赤い発疹や水ぶくれ、ただれなどが現れることがあります。初めての感染時に、男性では尿道にも症状が現れることがあり、また、倦怠感、リンパ節の膨張が見られることもあります。女性では排尿困難、歩行困難になってしまうこともあり、妊娠時であれば、胎児が新生児ヘルペスになってしまう危険性もあるので、注意してください。

外陰ヘルペスで注意しなければならないのは、原因となるのが主に二点があります。①口唇ヘルペスから外陰の感染②性行為。それ以外は、タオルや便座を介して感染することもありますので、同居人にその症状がある時にはタオルを共有しない、便座とお尻の間にタオルやガーゼなどを挟んでもらい、直接便座に触れないようにしてもらう必要があります。

症状が現れるとき、早めに病院に診察を受けてください。大変な状況にならないために、早めに治療を受けることが大切です。そして、外陰ヘルペスは再発しやすく、体内のヘルペスウイルスを完全に治療することは困難ですが、抗ウイルス薬により、その増殖を抑制することは可能です。