性病ヘルペスとはヘルペスウイルスによる感染する性病は、ヘルペスとも呼ばれて、性器やお尻の周辺に水ぶくれができる性病です。ヘルペスウイルスが原因となっていますが、実は発症場所によって少し違います。これからヘルペスの原因について紹介します。

口唇ヘルペスの原因
くちびるやその周囲に小さな水ぶくれができる病気“口唇ヘルペス”は、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。口唇ヘルペスの病原体は「単純ヘルペスウイルス」です。ウイルスというのは、1ミリの1万分の1くらいの大きさ(150nm)で、核酸(DNAまたはRNA)とタンパク質だけでできています。
この最も小さな生き物たちは、自分では子孫をつくることさえできません。そこで、他の生き物の細胞の中に入り込んで、その細胞の材料を拝借しながら自分の子孫(コピー)をつくり出します。これが感染です。誕生した多くのコピーウイルスたちは、やがて細胞を出て、次々と新しい細胞に感染していくのです。

性器ヘルペスの原因
原因である単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、主に下半身に症状が出るものを2型と言います。このウイルスの特徴は、初感染後に免疫ができても、体力の低下や外傷などの機会があれば再発をくりかえすということ。ヘルペスウイルスが一度体内に入り込むと、腰仙骨神経節(腰周りの神経の根元)の神経細胞に棲みついて潜伏してしまいます。これを「潜伏感染」といい、なんらかの刺激を受けるとウイルスが再び暴れ出し、皮膚や粘膜に出てきて再発してしまうのです。

帯状疱疹の原因
帯状疱疹ウイルスは、水疱瘡の症状が完全に消えた後も体内の神経節に潜伏しており、帯状疱疹の原因となります。発疹が出現する2日前から水疱が完全にかさぶたになるまで感染力が続きます。帯状疱疹がひとにうつって帯状疱疹を直接発症することはないのですが、このウイルスにかかったことのない人が感染すると、まず水痘になります。