【男性外陰ヘルペス】
感染経路はセックスあるいは口腔性交等の感染の可能性があってから一週間ぐらいの潜伏期間のあと発症します。性器でも特にペニスに多発性の小水疱が出現し、3~5日後には水泡が破れて潰瘍を作ります。

最初の感染期では反応が強く、尿道にも病変が及ぶ事があり、痛みを伴い全身の疲れてだるい感や鼠蹊Lymphe節の腫張や圧痛がでることもあります。又この潰瘍から二次感染といって他の菌が侵入し、粘膜下に炎症が拡大することもあります。

再発の状況は初感染の時より症状が軽くて済むことが多いのですが、病変のある間はセックスで相手にうつす可能性が非常に高い、又男性の状況非常に再発がおきやすく、50%以上の人が3ヶ月以内に再発するといわれています。

【女性外陰ヘルペス】
セックスの色々な感染の可能性があってから、一週間ぐらいして外陰部の不敵感、ときにかゆいことを感じているうちに、急激に外陰部の疼痛が出て、ときに歩く事もつらい、排尿できないぐらい強くなることがあります。外陰部の所見として広範にわたって多数の浅い潰瘍(皮膚や粘膜がはがれて皮がむけた様になってくる)が両側の大・小陰唇にできます。さらにその潰瘍の周囲には、小さい水ぶくれが出来る事もあります。潰瘍の表面には死んだ細胞が黄色く付くこともあります。

ひどい状況には足のつけ根(そけい部)のLymphe節が腫れたり、発熱や頭痛、全身倦怠感等を訴えます。 稀な事ですが、ウイルスが髄膜の方に進んで、髄膜炎を発症したという例も報告されています。ウイルスが膀胱の方に入って排尿痛や頻尿のような膀胱炎の症状がおきることもあります。

いったん治っても再発(繰り返し水ぶくれや潰瘍などが出現する状況)はよくみられます。再発の状況はまず熱が出ることはなく、痛みも軽く、そけい部のLymphe節が腫張することもあまりありませんが、病変がある間はセックスによって相手にうつす可能性が高く、妊娠時に症状が現れた状況は注意が必要です。分娩時に産道で胎児に感染することもあります。

再発のきっかけははっきりしている状況もありますが、はっきりしていないことも多いようです。全身の免疫力が下がった時や、月経を契機として再発する状況があります。ひどい状況には月経の度ごとに必ず再発するという例もあります。再発の回数ですが年をとるにつれて少なくなっていく傾向がある様ですが、年1回あるかないかという軽いものから頻繁に繰り返すものまでさまざまです。

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販など豊富な情報

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ